簡単に取れる治療|安価にいぼ治療を受ける方法【保険適用なので費用面の心配は不要】

簡単に取れる治療

女医

液体窒素で凍結する

簡単かつきれいに皮膚にできたいぼがなくなるのが、液体窒素を使用する治療法です。肌に液体窒素を塗布して、一時的にいぼに低温やけどを負わせて取り除きます。治療をすると皮膚が低温やけどを負うことになるので、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。ちょっとの痛みでも不安な場合は、患部に麻酔クリームを塗って感覚を麻痺させておくと、ほぼ無痛で治療ができます。液体窒素治療をしたあとは、しばらく皮膚が水ぶくれのようになります。水ぶくれはやけどをしたあとにできる症状です。跡が残ったり水ぶくれが悪化したりするリスクがあるので、かゆくなってもかきむしったりしないことが大切です。また、治療した部分に紫外線を当てないように気をつける必要があります。紫外線が浸透するとせっかくいぼがなくなっても、色素沈着してシミのように跡が残ってしまうことがあるからです。夏だけではなく、オールシーズン屋外に出るときには、ムラなく日焼け止めを塗ってしっかりと紫外線をガードするように心がけることが大切です。また、太陽の紫外線を直接浴びると肌が乾燥してトラブルの元になります。保湿効果が高い化粧水やオールインワンなどを使用してお手入れをするのがおすすめです。一般的にいぼを取る治療は、一般皮膚科または美容皮膚科でできます。いろいろな治療法がありますが、第一の選択肢になるのが液体窒素治療です。冷却効果がある液体窒素を綿棒などの先につけて、それを取りたいいぼに塗布します。それを何度か繰り返すと、窒素が浸透して、ターゲットが低温やけどを起こし、凍結した状態になります。細胞がやけどを負って壊死するので、いぼが自然になくなっていくというのが仕組みです。塗布するだけなので治療自体はとても簡単で、一個あたり5分もあれば終わります。この液体窒素による治療は簡単かつ低リスクなうえに健康保険が下りるので安くできるのがメリットです。3割の自己負担なので、一個あたり700円〜800円で済みます。ただ、いぼの種類によっては液体窒素では取れない場合があります。他の治療法としてよくあるのが、レーザー治療です。レーザー光線をターゲットに照射して取り除きます。レーザー治療は、シミやほくろ、あざなどの治療でよく使われていて、基本的には健康保険適用外です。いぼを取りたいけど治療の仕方がわからないという場合は、とりあえずクリニックに行って医師に診てもらえば、どんな治療が向いているのか聞くことができます。

Copyright© 2018 安価にいぼ治療を受ける方法【保険適用なので費用面の心配は不要】 All Rights Reserved.