まとめて治療が可能|安価にいぼ治療を受ける方法【保険適用なので費用面の心配は不要】

まとめて治療が可能

顔に触れる女性

液体窒素やレーザーで治療

老若男女問わず顔や首回りなどに出来るいぼですが種類が複数あるため、大きさや数に合わせて最適な治療を行うのがオススメです。特にウイルス性のいぼは、引っ掻いたりする事で周辺に拡散して数が増えるという特徴があります。老人性のいぼのように老化に伴って出来るものもあり、どの種類のものなのかは病院で検査して調べます。はじめは小さく目立たないいぼであっても、ウイルス性のものの場合は大きくなったり数を増やしたりする前に除去をすると安心です。主に行われている除去方法は、液体窒素を使用する方法や炭酸ガスレーザーを使用する方法です。数が多いものの場合は、一度に除去すると拡散しにくく治療にかかる料金も安くなります。サイズが大きくなっているものや根が深くなっているものに関しては炭酸ガスレーザーを使用せずに、メスを使用して切除する事で拡散や再発を防ぐ事が出来ます。また、いぼができる原因とされている紫外線予防も治療の前後に行うと効果的とされており、ケアに適したグッズや日焼け止めを販売している美容皮膚科もあり便利です。除去後も飲み薬で予防を行いたいという方には、ヨクイニンなどの内服液を処方しており、炭酸ガスレーザー治療と併用して使用する事が可能です。メスを使用していぼを切除する方法などは、大きさやいぼの状態によっては保険が適用される事も多く、一般皮膚科でも治療する事が可能です。傷跡を残したくないという方は、保険が適用されるタイプの症状であっても美容皮膚科で液体窒素や炭酸ガスレーザー治療を行う方も多く、自分で選択する事が出来ます。特に首回りにウイルス性の小さないぼが大量に出来ているなどの症状の場合は、まとめて炭酸ガスレーザーで除去できるプランを利用すると料金が安くなるためオススメです。美容皮膚科での治療は、いぼ1つにつき小さなものでは1,000円前後から大きさに合わせて5,000円ほどまでが相場となっています。複数個をまとめて治療するプランでは、1つずつの料金を支払うよりも安くなるのが特徴です。レーザーでは取りきれない大きめのいぼでは一回の治療につき1万円前後治療費用がかかりますが、根が深いタイプの場合は再発を防ぐためにきちんとメスで切除すると安心です。切除の際は、痛みが苦手な方のために麻酔を使用できるようになっているので、施術が受けやすくなっています。ほとんどの美容皮膚科では治療法に関わらずに、アフターケアのために数回通院し跡を残さないためのケアが受けられます。術後から1ヶ月前後でかさぶたや赤みが消えて、跡が気にならなるので好評です。

Copyright© 2018 安価にいぼ治療を受ける方法【保険適用なので費用面の心配は不要】 All Rights Reserved.