女医

簡単に取れる治療

液体窒素を塗布すれば、頑固ないぼをきれいに取り除くことができます。リスクはほとんどなく保険が効くお手軽な治療法です。ただ患部がやけど跡のようになるので、跡が残らないようにアフターケアを丁寧にすることが大切です。

詳しく見る

診察

種類を調べておきましょう

いぼを皮膚科で診てもらうには予約を入れて診療後に治療を行います。美容皮膚科で行う場合は手術申込書と手術同意書が必要になります。ウイルス性のものはすぐに処置を行った方がよいです。綺麗に仕上げたい方は美容整形外科で行った方がよいでしょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

まとめて治療が可能

首回りや顔に出来る様々ないぼには種類が複数あり、原因に合わせた治療を行う事が大切です。ウイルス性のいぼは拡散するため早めに治療をして数を増やさないように気をつける必要があります。美容皮膚科などでは跡を残さない治療を受ける事が出来ます。

詳しく見る

男性医師

原因に合った治療法を選ぶ

いぼにはウイルスで発症するものや加齢によるものなど、いくつもの種類があり、原因に合った治療方法を選ぶ必要があります。また、悪性腫瘍の可能性がある場合は、病理検査を行って必要に応じて手術を受けることが大切です。

詳しく見る

気になる治療

看護師

基本情報を把握する

いぼは気になる場所に出来てしまう場合があります。その場合は、専門医による正しい治療を受けることできれいに取り除くことが出来ます。費用面やどのような治療があるのか、専門医を受診する前にある程度把握しておくと安心です。いぼが出来やすい場所として顔や首、手足などがあります。特に顔や首に出来た場合は自分自身が気になる以上に周囲の人も気になる場合があり、つい目が行ってしまうことがあります。いぼを取るためには皮膚科を受診しますが、状況によっては保険適用になります。保険適用なので費用面の心配もなく治療を受けることが出来ます。基本的には保険適用の治療は液体窒素による治療になります。液体窒素による切除は5分程度で完了します。簡単な方法で費用面もリーズナブルというメリットがありますが、デメリットとしてはひりひりとした痛みを感じる点です。また色素沈着が起きることもあります。液体窒素は、マイナス196℃とかなり冷却された窒素の液体を使用して治療を行います。患部に当てることで低温やけどをさせ、いぼ細胞の組織を壊死されることが目的です。いぼ細胞の下部分からは新しい正常な細胞がありますので、刺激を与えて皮膚が再生されるようにする方法です。いぼの切除の治療は数分程度という短時間での治療になりますが、取り除いた後の経過を知っておくと慌てずに治療に専念出来ます。施術後1日から2日位はひりひりとした痛みがあります。我慢できないような場合は担当医に相談してみると安心です。最初は水ぶくれ状態になりますが、少しずつ回復してきます。個人差はありますが、施術後一週間位経過すると水ぶくれがカサブタになってきます。場合によっては、カサブタが取れてまた水ぶくれが出来ることもあります。カサブタは自然に取れますので、無理に取ったりしないように注意します。カサブタが取れた下の部分にまたいぼが出来るようであれば再度治療を行います。治療中は非常に皮膚が敏感になっていますので、紫外線等に気を配る必要があります。カサブタが取れた新しい皮膚はピンク色でダメージを受けやすい状態です。この時期に紫外線に当たってしまうと色素沈着してしまう可能性がありますので十分に気を付ける必要があります。また水ぶくれやカサブタはむずむずと気になる場合があります。無意識にいじってカサブタを取ってしまったり、水ぶくれをつぶしたりしないように注意します。万が一水ぶくれがつぶれてしまったら、ばんそうこうなどでカバーしておくと安心です。

Copyright© 2018 安価にいぼ治療を受ける方法【保険適用なので費用面の心配は不要】 All Rights Reserved.